〔鉢数限定!!!人気のコンボ!!!SALE!!!〕ピカケ[Pikake]& イリマ[Ilima]4号セット/HGPL-613

〔鉢数限定!!!人気のコンボ!!!SALE!!!〕ピカケ[Pikake]& イリマ[Ilima]4号セット

ラニハワイで人気の定番ハワイアンフラワーのピカケ[Pikake]& イリマ[Ilima]4号セット
丈夫で育てやすいピカケとイリマを育ててみよう!お家でレイも夢ではない!

ピカケ[Pikake]
レイはもちろん、香水の原料にも使われ、ハワイアンフラワー代表格のピカケ。初夏から秋口にかて
て、香りの良いきれいなお花がたくさん咲きます。ハワイ王朝最後の王女、プリンセス・カイウラニに愛された花として知られ、ハワイ名のピカケは彼女が好きだった「孔雀=ピーコック」から取ったと言われている。

ピカケの甘く、芳醇な香りと、かわいいお花が、幸せな気持ちにしてくれます。長くお花を楽しむには、お花が咲き終わったら、枝の元を少し残して切ると、新芽が出てきて次々お花が楽しめます。 挿し木で増やせるので、初心者にも最適です。※ピカケの開花時期は、4月頃〜10月頃になります。


鉢:スリット4号
高さ(鉢下より):約10cm~約20cm

モクセイ科
ソケイ属
インド原産
常緑小低木
ハワイ名:Pikake【ピカケ】

育て方:
日なたに置き、鉢の表土が乾いたら水を与える。
日当りの良い場所を好むが、強い光に当てると葉焼けしてしまうので、注意。
冬場の水やりは控えめにし、気温が10℃以下にならないよう室内で育てる。
1〜2年に一度、春〜初夏の間に植え替えを行うと良い。



イリマ[Ilima]

オアフ島の花。
周年開花で、次々と花をつけてくれます。大地を這うように育つタイプや、木立に立ち上がる形で育つタイプがある。葉も楕円形や円形、繊毛の多いものや少ないもの、葉の色もシルバーに見えるものもあるなど、環境や個体によって変異が大きいのが特徴です。
日本でも花が良く咲きます。※イリマの開花時期は、4月頃〜10月頃になります。

イリマのレイはロイヤルレイと呼ばれ、かつては王族などの身分の高い人しか身につけられませんでした。薄くデリケートな花びらを何千枚も丹念に重ね、手間ひまかけて作られる貴重なレイは、今も公式行事などの特別な席に欠かせません。
ハワイの固有種です。

鉢:スリット4号
高さ(鉢下より):約20cm〜 (樹高は前後する場合があります)


アオイ科
キンコジカ属
学名:Sida fallax
英名:Ilima
ハワイ名:'Ilima【イリマ】
ハワイ原産 常緑小低木

イリマの育て方:種子は温暖な気候で容易に発芽し、特別なケアもいらず、寒さにも比較的強いので日本でも育てやすいです。夏は屋外で日光に良く当て、冬は屋内の日のあたる場所に置いて越冬させてください。冬が水を少なめに管理してください。枝がどんどん伸びるので、古いものはカットすると花付きも良くなります。

※店頭でも販売しておりますので、現物を確認されたい場合は、お気軽にお越し下さい。
植物の状態や販売タイミングにより、同種の代替え商品をご提案する場合がございます。
※樹形や、枝葉の出方など個体によって異なります。時期により花の付く植物は花芽が付いていない場合もあります。ご了承ください。
(在庫切れなどで出荷できない場合はご連絡をさせていただきます。)

■日本での育て方ポイント説明付き。
型番 HGPL-613
定価 3,300円(税込)
販売価格
1,650円(税込)
購入数

表示切替 : スマートフォン | PC版